アイクリームで目の周りのケアをしよう│ワントーン上がる白さの源

より綺麗なお肌へ

コスメ

正しい使い方で効果的に

最近化粧品にも、ビタミンc誘導体が配合されているものがたくさんあります。でもせっかくのビタミンc誘導体入りの化粧品ですから、効果的に使いたいものです。例えば化粧水、これをつけるときにも正しいつけ方があるのです。まずは洗顔後十分に水分を拭き取ったら、すぐに化粧水をつけましょう。このとき手でつけるかコットンを使うかですが、お勧めは手でつける方です。こちらのやり方の方が肌には優しいです。またこのときパタパタ手で叩いてつけずに、手のひらで顔全体を覆うようにしてつけるようにしましょう。ビタミンc誘導体は、ビタミンcを皮膚にしっかりと届けてくれます。それを使った化粧品も、正しい使い方でその効果を肌で実感したいですね。

3つの種類とその特徴

お肌に様々な効果をもたらしてくれるビタミンcですが、そのビタミンcを皮膚の中に浸透させてくれるのがビタミンc誘導体です。化粧品に含まれているビタミンc誘導体には、3つの種類があります。1つ目は水溶性、2つ目は油溶性、3つ目はその2つの要素を併せ持った両性です。水溶性のものは素早く浸透し化粧水や美容液に、油溶性のものは低刺激でゆっくりと浸透しクリームに使われています。両性のものも化粧水や美容液に使われていますが、3つの中でも肌の一番奥までしっかりと浸透していくという特徴があります。ビタミンc誘導体の配合された化粧品を選ぶ際、配合量が気になるときは成分表示を見てみましょう。化粧品の成分表示は配合量の多い順になっているので、上の方に記載されていればそれだけ配合量が多いということになります。ビタミンc誘導体入りの化粧品にはいろいろな種類があるので、その中から自分のお肌に合ったものを見つけていきましょう。