アイクリームで目の周りのケアをしよう│ワントーン上がる白さの源

加齢対策と使い方

コスメティック

保湿化粧水は洗顔後すぐ、しっかりと複数回つける事によって、肌の奥まで浸透しやすくなるので試してください。ライン使いで化粧品を使うことが、肌荒れ対策に高い効果を期待できるばかりか、加齢対策にも効果的です。

More Detail

より綺麗なお肌へ

コスメ

ビタミンc誘導体には、水溶性、油溶性、その両方の性質をもった両性と3つの種類があります。それが配合された化粧品にも様々な種類があり、自分の肌質や用途によって使い分けられます。それらは正しい使い方をすることで、より効果を実感することができます。

More Detail

手軽に効果的なケアを

美容クリーム

愛用者の97パーセントが満足しているとされるスキンケア用品がメディプラスゲルというものです。メディプラスゲルが生み出されるまでには、100回以上の試作を重ね2年にもなる歳月を費やしたとされています。最終的な完成を見出したのが伝える力をもつ温泉水です。

More Detail

目元が明るくなる

クリーム

輝くような白肌

目のまわりは皮膚が薄くてシワになりやすい部分です。水分を浸透するだけでは最良の状態を保てないのでピクノジェノール配合の「アイクリーム」でケアをします。ピクノジェノールは抗酸化作用が高く、配合されたクリームを塗るとシワになりにくい目元になれます。ヨーロッパの海岸に自生する松の木から取れ、生命力が強くどんな過酷な条件でも育ちます。地球上で最大の抗酸化作用をもつ成分として、じわじわ知名度を上げているそうです。この成分はシミを肌表面に押し出して排出させる効力があるので、少しでも早くシミを解消させたいという人にもおすすめです。アイクリームを使い続ければ目元がパッと明るくなり、コンシーラーがいらない輝くような白肌になれます。

メイク崩れしない

「ピクノジェノール配合のアイクリーム」は、刺激が強いのがデメリットです。肌がトラブルをおこしているときに塗ると炎症をおこしてしまうこともあるので、治まってから使用します。日焼けした肌に塗ってヒリヒリさせてしまうこともあります。日焼けが落ち着いて成分がしみなくなってから使うべきです。洗顔したあとすぐに塗って刺激を感じることもあるので、ローションを浸透させたあとに使います。アイクリームの使用量はメーカーによって異なりますが、パール粒くらいが適量です。朝メイクをする前に塗る場合、油分が多いとよれやすくなるので、べたつきがない商品を選ぶのがベストです。表面がさらさらに仕上がるものだとファンデーションのノリも良くなり、メイク崩れしにくくなります。